”BUYMAで人生に+α”

副業レベルで月収40万が手に入る!無在庫販売で楽しく稼ごう!

vol.13 調べることの大切さ - 売れない理由を自覚した①

vol.13 調べることの大切さ - 売れない理由を自覚した①

こんにちは!”BUYMAで人生に+α”のノンです。

前回は、かわいそうなことに何点出品しても
受注はおろか、お問合せすらないシーンとした毎日を
送っていたことについて書きましたね。

その当時、
出品数は100点前後で人気があるなしを考えず、
ちょっとモデリングして
買付けられそうな商品を見つけると
そのブランドの同じカテゴリを
片っ端から出品していた訳です。
ひたすら・・・

出品数を増やせば受注が入ると思いこんで。
来る日も睡眠時間を削って。

今考えても、ほ~んともったいなかったですね。

そんな時、それまではあまり気にしていなかった
BUYMAのTOPページをふと見ると・・・

見たことのない斬新なデザインのバッグが
ピックアップブランド(今ですとNEW ARRIVALS)
に掲載されていました。

「へ~素敵なバッグ(^_^)♪」

その時の私の視点では、出品者ではなく購入者目線で
そのバッグを見ていたと思います。

そのページを見ると聞いたこともないブランドで
バッグの価格もお手頃の2万円前後で販売されていて
出品者は2~3人でした。

「ふ~ん」

なんて、ちょっと無関心を装ったのですが、
なぜか気になり、またそのページに戻りまして
ちょっと画像検索をしてみました。

「ふむふむ」

検索結果には買付けられそうな
アメリカのデパートやブティックが
いくつか出てきましたが、

結果の中に
レポート風の日本語で書かれているものを見つけ
読んでみると・・・

「日本初上陸のキュートなデザインのバッグ。
早くも完売!!!」

という文字が飛び込んできました。

「へ~そんなに人気なの。
だからBUYMAも取り上げたのね。
しかも紹介用に販売した商品は完売。
これは、まだほしがっている人がいるってことかな。」

何となく、そんな考えが浮かび、
またBUYMAのTOPページに戻ってみて

「あ!」

声をあげましたね、私。

今までこの部分って見逃していた、
というよりも気にも留めず見ていなかったわ~

皆さんは、チェックしてますか?

『Brand New Brand』というコーナーです。
こちらは、
『世界中で生まれる新しいブランドの情報を、
 みんなが投稿・紹介することができるブログです。
 あなただけが知ってる素敵なブランドを
 紹介してみませんか。』

というコーナーで、そこで紹介されたブランドを
BUYMAがピックアップし、
クーポンなどを発行して盛り上げてくれる
特集なのですが・・・

ではなぜ今回気が付いたのか?というと・・・

そうです。
目についた先ほどのキュートなデザインの
バッグがバナーになり取り上げられていたからなのです。

つまり!
「NEW ARRIVALS」でも取り上げ、
『Brand New Brand』でも取り上げる・・・
破格な待遇。

ということは?

人気急上昇中↑に間違いないわ!

ブランドの商品ページを見ると
出品数は30点ほど。
それもある一人のバイヤーさんが
かなり幅を利かせていて、
人気順でもほとんど
そのバイヤーさんの商品が占めています。

つまり、現在のライバルはこのバイヤーさんだけ
と言ってもいいくらいです。

よし!決めた!

私はもう止まりませんよ~

画像検索をして買付先を探し、
そのアイコン的存在のバッグを
いつもの通りの手順で
一つ出品してみました。

他のデザインのバッグもありましたので、
それらも出品する準備もしておきます。

いつもなら、そのバッグをずらりと出品し
終わっている私ですが今回は違います。

そのブランドについて誰に何を聞かれても
しっかり答えられるようになろう!
と”調べる”ことに。

自分でもとても気に入ったのでしょうね。
好きこそものの上手なれではないですが、
苦を感じなかったですし、むしろ楽しい♪

どうやってブランドとして設立されたのか、
創設者はどんな人で、
どんな思いでこのブランドを立ち上げたのか・・・

また、バッグのデザインのラインには
どういったものがあって売れ筋はどれなのか、
ブランドの対象とする顧客はどういった人たちか・・・

まぁ、いろいろ調べました。

普通のモデリングして見つけた商品でしたら
ここまでしなくてもOKだと思います。

が、海外でも大人気でBUYMAも一押しの
新進気鋭のブランドですから
先に出品しているバイヤーさんと
差をつけるためにやっておいて損はない
と踏みました。

もちろん、ライバルとなり得る先に出品している
上位独占バイヤーさんのことも出品ページや
バイヤーのページを見て調べました。

なんと手強いことに

・すでに在庫を持っている 
 → 実物写真を掲載している

・海外にパートナーがいる 
 → 検品して直接購入者に発送できる

という、今の私にはない強みがありました。

そして、もう一つ。
最も大きい壁は買付先。

その時に見つけた一番種類が豊富で
安く買付けられる買付先は、
なんと日本に直送してくれない~
ガーン!

あ~”(-“”-)”なんだか
とても困難になったきた感じがしませんか?

でも、その時の私、むしろ燃えてました。
どうせ、毎日シーンとしてるのだから忙しくないし
やるだけやってダメだったらその時考えよう!

と、ずんずん前進あるのみ。

まずは出品したバッグ1つだけを引っ提げて、
堂々参戦です!

もちろん、最安値で。
これで先のバイヤーさんとの価格競争に突入したことは
言うまでもありません。

ん?でも販売価格は?
日本に直送してくれないと言うことは
転送費用がかかるけど・・・?

さて、買付先の問題や
ライバルバイヤーとの格差を埋めるために
取った私の行動は?

皆さんならどうしますか?
ちょっと考えてみて下さいね。

私、すごく考えましたよ。
脳をぐるぐると色々な思考を巡らせて・・・

出した結論は、いかに?

この続きはまた次回へ~
お楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です