”BUYMAで人生に+α”

副業レベルで月収40万が手に入る!無在庫販売で楽しく稼ごう!

01月

vol.34 自分の力 - 失敗やトラブルから得るもの④

こんにちは!”BUYMAで人生に+α”のノンです。

前回までは、私の経験した失敗やトラブルについて
3回にわたってお伝え致しましたね。

皆さんの中にはもっと大変なトラブルや失敗に
遭遇した方もいらっしゃるでしょう。

そんな時、どうやって対処したのか・・・
それは、忘れずにメモっておいた方がいいです。

いつまた同じようなことが起こったとしても
慌てず対応できるはずですから。

今日の話題に入る前に・・・
もう一つだけ。

もし解決できなさそうなトラブルが起こった時に
”BUYMA事務局に相談する”ということも一つの手です。

私は、その対応策を聞いて、その内容を購入者の方に
伝えて解決したこともありました。

もちろん、それは自分には到底非がないと
自信をもって言えるが、購入者が納得しない、
無理難題を言ってくる場合ですね。

最近あった話なのですが、
掲載したイメージ画像と届いた商品の実物の色が
かなり違っていたことがありまして・・・

でも、商品は型番など間違っていません。
ただ、照明の当て方が非常に強く明るいと
変化してしまう色味だったのですね。

本来でしたら、
ほら、あの一文入れてますよね。
「※ご覧になっているモニターの環境などにより
  実物のお色と違って見える場合がございます」

ということで、そのまま送ってしまっても良かったのですが、
後々揉めたらお互い嫌な思いをすることになるなと
購入者に送る前に実物の画像を送って
ご納得いただいた上でお送りしようと思いました。

が、

案の定・・・

「ショックです。キャンセルしてください。」

とな。

あ~やっぱりね。

でも、そうはいかないです。

「はい。わかりました。」とは言えません。
不良箇所などもなく、きちんとした商品です。

また、SALEで買い付けた商品ですので
買付先には”一応”返品不可でした。
返品の際は、返品送料がかかります。

なのでBUYMAから指示された本来の
①そのまま購入者に送ってしまう・・・
Yes→取引終了

で良いのですが、

No→②へ

どうするかと言うと・・・
段階を経て購入者の方とトラブルにならないように、
感謝してもらえるように
そして返品送料を負担してもらえるようにしました。

②こちらの事情を説明
 明らかに商品が間違っていたのではないし
 不良もないのでキャンセルはできないと説明

③BUYMA事務局に返品制度を利用できるかも含め相談する
 BUYMA側の回答はわかっていたのですが、
 購入者が冷静になる時間を稼ぐ=一拍おくため
 相談することに

③BUYMAの回答内容を伝える
 返品補償制度対象外の商品であることと
 赤が黒だったという違いではないので
 そのまま送るように指示された旨を伝える
 

④買付先に相談する
 かなりがっかりされていたのでダメ元で
 買付先に相談してみるとお伝え

⑤返品可能になったと伝える
 購入者はほっと安心し、感謝してもらえる

 先ほど”一応”返品不可と言ったのは
 交渉次第で返品可能になるとわかっていたからです。

 でも直ぐに返品できると購入者に伝えてしまうと
 こちら側に非があるようになりますし、
 それが当たり前のことだと思われてはいやですし、

 とにもかくにも返品する際の返品送料を
 嫌々ながらではなく気持ちよく負担してもらうためでした。

策士でしょ?

買付先へは、掲載画像と実物がかなり違っていたので
Wrong item であるということを強調しました。
SALE品は返品不可と書いてあったのですが
すんなり返品に応じてくれましたので良かったです。

買付先にしても私が送った画像を見て
「あら、本当だ!こりゃまずい。」
と気が付いたのかもしれません。

本当、それくらい色が違って見えました。

こんな感じで、BUYMA事務局を盾にして
災難を振り払う方法もありますので
利用できるなら利用した方がいいですよ。

購入者には返品送料を振り込んでいただき
買付先に無事返品しました。

ふ~(*´з`)
毎回冷や汗ものですわ(笑)

4回にわたってお伝えしてきた失敗やトラブル、
いかがでしたでしょう。

びっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、
いろいろ起こるものなんだ~
と、思っておいてちょうどいいくらいだと思います。

一人一人、千差万別で
失敗やトラブルはあるものなんだなと・・・

さて次回は、買付先についてお話ししますよ!
お楽しみに~(^_-)-☆

★現在、ご自分のリサーチや出品について
 何か悩みがあったら教えて下さい。
 どんなことでもかまいませんよ。

 このブログで一緒に考えていけたらいいなぁ
 と思います。
 匿名でかまいませんのでどうぞお気軽に~(^_-)-☆

お問合せは・・・
ブログのお問合せフォームから、または
こちらのアドレスにメール下さいね。
nonlifecs★happylifestyle-plusalpha.com
★を@の半角に変えて宛先にコピペして下さい(^_^)v

vol.33 自分の力 - 失敗やトラブルから得るもの③

こんにちは!”BUYMAで人生に+α”のノンです。

あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します。

新しい年が明け、気分も一新。
BUYMAをスタートさせている方も多いでしょう。

ん?お正月気分に浸ってる最中!?
まぁ、それも良しです。

スタートもストップも自分で決められるビジネスです。
自分のペースでできないと辛いですよね。

お正月休みいっぱいBUYMAの作業ができない方も
スタートしたらダッシュで進んでいけばOKですよ!

さて、私の昨年12月の実績は・・・
後半追い込みがあって年末は毎日受注がありました。

実績は、こちらをご覧ください。2015年7月~12月
7-12

最近参入者が多くなってきているので
売上金額が伸びてもランキングはあまり
伸びない気がします。

参入者が増えることにより、
売上や利益を出せる人とそうでない人の
二極化も進んできます。

BUYMAは参入しやすいビジネスですので、
入りやすい反面、やめてしまうことも簡単です。

その大きな入れ替わりの波が、
このような数値に現れていると思うのです。

BUYMAを始めること、続けることを
どうしようかな~と迷っている方は、
他者との差別化を図るうえで必要なことを
まず実践してください。

それは・・・

”継続する”

ということです。

そうすることで、
半分は蹴散らせます。

ぜひ、続けてくださいね。

昨年12月は、
売上は200万円を超えてきたのですが、
Xmasから年末と荷物が混んでしまい、
到着遅延でまだ届かないという商品もあります。

そうすると、取引完了が遅れるので
翌月にまわすことになったものも多いですね。

今現在でも7件の商品が到着していません。

あ~(~_~;)

前回のすさまじい?失敗やトラブル、
ちょっと驚いて引いてしまった方も多いのではないか?

出すべきではなかったのではないか?
と心配になりましたがいかがでしょう?

ハードルが高すぎましたか?

私の場合、試練が向こうからやってくる性質で
”乗り越えられる人にやってくるんだよ”と
何百回慰められたかわからないくらい・・・

本当にわざわざ近寄ってくるので
振り払うために立ち向かわなくてはいけないのですが、
あまりそんなことにもならずにBUYMAをやっている方も
たくさんいますよ。

とにかく明るい吉村じゃないですが
”安心してください!”ですよ~。

もし万が一、このようなトラブルになっても
「あ!そうだ!ノンさんに相談だぁ~」と
少し経験している私を思い出して下さい。

一人で悩まず相談してくれたらいいなぁと思います。

そのためにブログを書いてるのですから。

さて今回は、お客様のあるあるを・・・

私の経験した場合に限りますが
お客様は二極化しているように思います。

心配性で注文前から、いろいろ質問をしてくるタイプと
在庫確認もせずいきなり注文を入れ、
その後こちらから配送時間帯の希望などを
聞いてもうんともすんともなタイプ。

皆さんも出くわしたことがあると思います。

中には仮受注でなかなか入金してこないのに
質問はもう何回もしてくる人。

このタイプで一度、
「買付先がデンマークとなっていますが、
出品者様は、この後デンマークに買付けに行くのですか?」
と聞かれたことがありました。

う~ん(~_~;)
そんな訳ないでしょ。
その商品のために、いちいち買付に行っていたら
経費がかさんでしょうがないじゃないの。
そんな価格で買えなくなっちゃうわよ。

と、心の声が叫びます(笑)

そんなことより早く入金しなさいよ~(笑)

ある方は、サイズ感のお問合せだったのですが、
「私には大きいでしょうか?小さいでしょうか?」
という質問です。

え?
あなたのサイズ知らないけど(~_~;)
身長も3サイズも、何も書いていないのに、
どうやって判断して答えればいいの???

サイズ感の質問で言えば、こういうのもありました。
「私は身長が175㎝ありますので腕が長いのですが、
こちらのジャケットは私の腕に合いますか?
短くないですか?」

ん~またもや(汗)
袖丈は記載してあるのですから、
それからご自分で判断して下さったらよいのですが、
あなたの腕の長さを、私、知りませんから~(*´Д`)

他にはこんな購入者の方も・・・
購入された商品が届いたと連絡をしたところ
保存箱や保存袋にケアカードと
タグの写真を撮って送れとか。

明日か明後日に必着が希望だったので
直ぐに発送しようと準備していたら、
間際にラッピングを希望してきたりとか。

発送通知を送ると、どこで買ったのか?と
今頃聞いてきたりとか。

まだ発送してから30分くらいしかたっていないのに
追跡番号で追跡したら
コンピューターに登録されていない、調べてくれとか。

あ!これ全部一人の方の話です。

更に
注文してまだ3日しかたっていないのに
「1週間が標準としたらあと2日で届きますよね」と
My時間、Myルールの人がいたりとか・・・

1週間が基準って、どこの何の基準?
こういうのって困ったチャンですよね。

最近は、こう言った購入者の方に遭遇しても
そんなに驚くことがなくなりました。

皆さん、高い金額で購入するのですから、
しかも一個人のバイヤーからです。

心配なのは当然ですよね。

と、心を大きく持って対応していくようにしていると
購入者が何を求めているのかも次第に分かってきます。

もし、在庫を持った時や商品が到着した際は、
靴なら履いてみてください。
洋服なら着てみてください。
可能な範囲で。

そのサイズ感をコメントに記載しておくだけでも
ずいぶん変わります。

一生懸命、問合せに答えれば、
それだけ信頼も厚くなってきますから
そういったやり取り、私のように面倒がらず、
楽しんでみてもいいかもですね。

それでは、また次回に~