”BUYMAで人生に+α”

副業レベルで月収40万が手に入る!無在庫販売で楽しく稼ごう!

03日

vol.54 出品あれこれ②- フロントとバックを使ってみよう!

こんにちは!”BUYMAで人生に+α”のノンです。

ちょうど私がハイブランドに移行したのが昨年2015年の1月から。
その前の2014年は、1つの商品で1,000円~5,000円ほどの利益を取り、
8万~15万円くらいの利益で甘んじていました。

懐かしいですね。

それが、画期的な考えを持った師匠と出会い、
恐る恐るハイブランドを出し始めたのが2015年の1月からでした。

当然、最初はそう上手くは行きません。
1ヶ月目、2ヶ月目は同じように15万円くらいの利益でした。

ですが、何ヶ月かけても届かなかった25万円の利益を
3か月後になんなく超え、次の壁の30万円をすっ飛ばして、
自己ベストの42万円の利益が出たのは、わずか4ヶ月後。

驚くべき成長です。

いや、もっと稼いでいる方はいらっしゃるでしょう。
そんなに自慢するつもりもないです。

が、激忙の本業を持ちながらのこの利益ですから、
私は素直に嬉しかったです。

その感覚、皆さんにも味わっていただきたい!
ローブランドの出品で行き詰ったり、
価格競争で辟易したりして
楽しくない稼ぎ方だと思ってほしくないのです。

確実にBUYMAは
ローリスクでハイリターンを得られるビジネスだと
思っていますから、
使い方次第と言うところなのです。

本当に私がいい例です。

ちょこっと目先を変えた少しの努力と
日々出品するものを変えただけ。

それだけですから。

できますよ~皆さんも。

さて、今日はフロントとバックと言うお話です。

よく聞く話ですよね。こちらも。
商売の基本の一つです。

「フロント商品(目玉商品)で客を寄せ、
ぐいぐい引き込んでバックの商品(利益の見込める商品)を買わせる」

言い方はエゲツナイですが、
まさしくこれです。

非常にニッチなところを狙う感じがしますが、
成功すれば儲けもの!

これをBUYMAでやってない人、損ですからね。

直ぐやりましょうね。

では具体的にどうするのか?

簡単ですね。

フロントの商品とバックの商品を2つ用意します。

これはどちらも人気のある商品です。
例えば、「最近売れたアイテム」に出ているような商品だったり、
売れた過去がある商品だったりです。

売れた過去があるかどうかは、
ブランドの商品ページに入って人気順に並べ、
上位に来ているショッパーの販売履歴を見ましょうね。

アクセスもお問合せも多く、
2つくらい売れている商品なら
自分も価格さえ見合えば、
出品して売れる可能性があるわけです。

ここで注意!

フロントとバックの商品は、
同じブランドの同じカテゴリの商品にしましょう。

なぜかと言うと、目を集中させるわけです。

同じカテゴリならば、
その商品を狙い撃ちしてくるお客様以外の
まだ漠然とした要望しかないお客様の目も
引くことができるからです。

別々のカテゴリではあまり効力がないのは、
言うまでもありませんね。

そして、フロントの目玉商品は、
本当に利益が取りたい商品よりも少し人気が劣るもの。

そして、うんと安くする。
利益が5千円くらいでも良しとします。

バックの商品は、
セレブ愛用の大人気の商品で
お問合せも多くほしいもの登録も多い商品にします。

私の出品例をお見せしましょう。
昨年の商品なので、
今はもう商品自体ないか、あっても価格が上がり
当時より人気も衰えていると思いますので、悪しからず・・・

3.1 Phillip Limのバックパック2種です。

こちらがフロント。
428_3

こちらがバック。
428_3

フロントは手が届きそうな価格設定。
バックは6桁の大台に乗った価格設定です。

どちらも売れると信じていたので、
始めて在庫を持って挑んだ商品でした。

ちょっと待った~!

皆さんの声が聞こえます。

ですね、ですね。

そもそも、どうやってその2つの商品を探したのか?

ですよね~(+_+)

そこが見つからないと、
この企画は台無しです。

ですが・・・
これに何かコツがあるわけではなく、
あえて言うならば”地道”に探すしかないのです。

いろんなブランドページに行き、
くまなくじっくり見て、
商品と買付先を探していく・・・

それだけなのです。

がっかりしましたか?

ですね~(*^^*)
そこを聞きたいのですものね。
(そんな方は以下の※を参照してください)

でも!

この部分を人に頼っていては、
いつまで経っても同じ利益にしかなりません。

突き抜けたいと思っているのになかなか突き抜けられない時は
案外、その部分で手を抜いているか、
やっているつもりになっているだけか、
間違った方法で闇雲に探しているだけ。

自分が自己ベスト更新した時は、
意外とその”突き抜けたい”と言う欲望や意識が
脳の裏側に回っていて
”ひたすら”・”地道”に作業していただけでした。

”無の境地”とでも言いますか。

今日、久しぶりに届いた師匠のメールにも書いてありました。

「”地道”を超える魔法などない」

本当に、この言葉通りです。

同じような商品を並べ活動しているショッパーがひしめく
BUYMAというプラットフォームで
同じことをしていても突き抜けられないのは事実です。

ですが、それでも地道にコツコツ作業を続け、
そこから何かを見出し、発展させていきながら
諦めずに継続することが最も近道なのだと、
私も身をもって経験しています。

ですので、皆さんも諦めずにコツコツ、
むしろ一つ一つの作業を楽しみながら
続けていってほしいです。

※ ご相談受付ます。
 このような出品の仕方をしようとして1つしか見つからないとか
 2つ見つけたが果たしてこれでいいのか?とか
 悩んだり壁にぶつかった時は、お問合せからご相談ください!
 全く何もない、商品も探していない以外は、力になります!
 遠慮なく商品の実例を提示してみて下さい。
 一緒に解決しましょう!
 

先の話に戻しましょう。
フロント商品は、本当に破格なお値段でしたので、
出品して割と直ぐ3日目に注文が入りました。
一気にほしいもの登録8人、
アクセス226人となりました。
利益は4,800円。

おそらく購入経緯の特徴としては、

バックの商品は皮製品ですが、
そこまでの物は求めない。

でも!
ブランドのちょっと人気のナイロン製のバックパックなら
軽いし持ちやすいし、買ってもいいかな~(^^♪

と言うところの狙いにドンピシャだったのでしょう。

更に5日後、バックの商品が売れました。
ほしいもの登録14人、
アクセス1,213人です。
利益は約3万円。

この効果の裏側は、
フロント商品が売れたことで「最近売れたアイテム」に載り、
それを見に来た購入者が、他にも無いかと物色して

「あら、皮のバックパックもあるじゃない」と
たどり着いた場合もあるでしょうし、

1つ商品が売れたことで、
BUYMAのアルゴリズムが作動して
私の商品全体のアクセスの底上げになった可能性もあります。

これらの商品は次も売れる可能性があったかもしれませんが、
ONLY ONEで売り切りにしました。

それは、気が付くと続々とモデリングされ、
価格競争になったこともありますが、
安く買い付けられる在庫が無くなったこともあります。

それでも良いのです。
ハイブランドの商品なら、
たくさん売る必要はないのですから。

そういう時こそ、後ろは振り向かず
真っ直ぐ前を向いて進みます。

次の新たなハイブランド、高利益の商品探しに・・・

この経験は、本当に私の自信につながりました。
それまで得ていた利益の何倍も
1つの商品で得ることができるのだと
確信した経験でした。

いつもこの戦略が利くとは思いませんが、
何か仕掛けられそうな商品があれば、
時々使っています。

皆さんも、このような戦略があることを
頭の片隅にちょっと置いていただき、
出品する商品を探す時に視野を広げて見る
きっかけになると嬉しいです。

では、また~(^_-)-☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
そうは言っても~とお悩みのあなた、
何かわからないことがあったり、
聞いてほしいと思うようなこと、
困っていることなど、何でもOKです。

このブログで一緒に考えていけたらいいなぁと思います。
匿名でかまいませんのでどうぞお気軽に~(^_-)-☆

お問合せは・・・
ブログのお問合せフォームから、または
こちらのアドレスにメールして下さいね。
nonlifecs★happylifestyle-plusalpha.com
★を@の半角に変えて宛先にコピペして下さい(^_^)v